鞍居地区ふるさと村づくり協議会だより
第86号(2020年12月15日)

鞍居地区ふるさと村づくり協議会だより

2020年12月15日
第86号

くらい歳時記冬至(とうじ)

今年は12 月21 日(月)が冬至の日で、その日から約2週間が冬至の期間です。冬至と言えば、柚子風呂・かぼちゃを食べるなど、思い浮かぶ習慣が多いですね。冬至は、一年で最も昼が短くなる日であると同時に冬至を境に昼が再び長くなっていく日。夏至と昼間の時間を比べると関西では焼く4時間40分も差があるそうです!

◆九本松展望台・市ケ成渓谷ハイキングコースが整備される!

未整備で残っていたこの渓谷の紅葉に間に合わせようと連日ボランティアの皆さんの頑張りで、コースの約80%ができ上りました。11月23日(月)協議会メンバーと鞍居さんぽ会会員が、内見会を兼ねてウォーキングを実施しました。

《参加者の声》

最初に展望台に登り、ダムの眺望に感激し、その後渓谷に入っていきました。手づくり丸太橋(3か所)や階段が設置されていて、とても歩きやすいコースでした。あいにくの前日の雨で、たくさんの紅葉が散っていましたが、「黒田官兵衛」に出てくる「メグスリノキJ や「ヤマモミジ」の紅葉が楽しめました。 「市ケ成渓谷J は来秋には一般公開の予定だそうなので、たくさんの方に歩いてもらいたいです。

◆石庭公闘(仮称)完成間近!

金出地ダム自然植物公園ゲート前の空き地に公園が、ほ1ま完成しました。 確保していたダムに沈む鞍居川の大きな石を配遣し、その側に「シダレザクラ」と「カエデ」の若木を植樹しました。歩いてこの公園を通り、 ダム親水階段(203段)を降りるとダムの湖面に出ます。駐車場もありますので、ぜひお楽しみください。

◆鞍居ふるさと館に「イルミネーション」が点灯!!

12月7日(月)17:30鞍居ふるさと館にイルミネーションが点灯しました。今年はコロナウィルス対策のため、恒例の点灯式はありませんでしたが、噂を聞きつけたご近所さんが集まってくれました。 翌年1月5日(火)まで17時半から22時まで毎日点灯しています。

◆ふるさと農園より(お知らせ)

①令和2年の12月21日(月)より、ふるさと農園のモロヘイヤ茎を各自治会のとんど祭用に開放します。

②残り少ないですが、「葉ボタン」(1本100~200円)を販売します。ご注文は協議会事務所まで。

◆鞍居地区連合自治会より(お知らせ)

産廃処分場建設の賛否を問う「住民投票条例制定」の署名にご協力をいただき、ありがとうございました。町全体で7,100人の署名が集まりました。今後は住民投票が実際に実施されるよう、町議会に働きかけていきます。

◆ふれあい喫茶(12月・翌年1月)開店のご案内(もーにんぐセット200円)

12月18日(金)・1月15日(金)午前9時30分~11時30分(1月は1回のみ)

pdfファイルはこちら→協議会だより第86号